送金詰まりを解決して主力通貨の仲間入り?ZILLIQA(ジリカ)ってなんだ!?

スケーラビリティ問題を解決する通貨

スケーラビリティとは、仮想通貨の送金詰まりの問題のことです。ビットコインなどはブロックサイズの容量の小さい問題から、1ブロックに書き込めるトランザクションの数が限られ、データ処理速度が遅くなり送金に時間がかかってしまっています。ZILLIQAはその問題を解決するためにシンガポールの国立大学の研究チームと共同開発されたアルトコインなのです!

ビットコインは1秒間に約7件、イーサリアムでも約10〜15件という速度に対して、ジリカは1秒間に約2,500件という速度を出しています。この数値はクレジットカードに近いという実用的なものなのです。近い将来、仮想通貨での支払いが実店舗で日常的に使われることになったときの決済手段としてジリカが使われるかも知れません。

ジリカはシャーディングという技術を使い、超高速処理が可能となっています。このシャーディングは今後はイーサリアムにも搭載されるという噂もあるようです。もちろん、イーサだけでなく、他の通貨にも使われるようになれば、価値は更に上がっていきますね!

$ZILはいまいくらなの?

気になるのはZILの現在の価値ですよね?
こちらが2018年7月5日現在の様子。9.9円くらいですね。

5月上旬には16円まで上がりましたが、その後少し下がっていました。しかし、7月に入ってまた上げてきました。仮想通貨全体が下げムードの中、ビットコインと比例せずに上げていけるのは本物なのかも知れませんね!

$ZIL(ジリカ)の取引はBinance(バイナンス)で可能です。中国、韓国の取引所を中心に取引がされていますが、日本人が取引不可になったところが増えてきていますので、ZILを買いたい方はバイナンスの一択かと思います。

スケーラビリティの問題は仮想通貨全体の問題です。それを解決できるZILLIQA(ジリカ)が主要通貨の仲間入りを果たす可能性はありますよ!
プロジェクトの進み具合も処理速度と同様に速いですし、CEOの行動力もあるので期待しています。
日本でのコミュニティが少し弱いと思うので、興味ある方は是非盛り上げていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク