厚生労働省公認 新型コロナウイルス接触確認アプリの使い方【COCOA】

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と接触した可能性を知らせる”接触確認アプリ”が6月19日から配信され、6月22日の時点で241万件のダウンロードされています。

何をするアプリかというと陽性登録者と接触した可能性があった際に通知が来て、その後どのような行動を取るべきか案内されるというものです。

アプリをダウンロードするには?

各ストアで「COCOA」と検索しても出てきません。検索するには現在のところ「接触確認」などのワードで見つけることができます。下記にリンクを貼っておきますので対象のストアからDLしてください。

AppStoreでのダウンロードはこちら
Google Playでのダウンロードはこちら

アプリの基盤は有志で集まったエンジニア集団「COVID-19 Radar Japan」が無償で開発したものです。

個人情報が漏れるのでは?

使用するに当たって1番心配されるのは個人情報が漏れるのではということです。それに関してはご安心ください。
アプリ登録の際に名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力する必要はありません。また、GPSなどの位置情報が記録されることはなく「BluetoothをONにしているスマートフォン同士が15分以上半径約1メートルの距離にあった」ということだけが記録される仕組みとなっています。

個人情報を得られるようなアプリにすれば企業などから開発支援を得られたかも知れませんが、個人情報が吸い上げられるアプリでは普及していかないことは開発者側も分かっているので、安心安全な仕様となったようです。
なお、アプリ開発に携わったエンジニアの皆さんには1円も入っていないとのことで頭が下がる思いです。

ダウンロードしたのに使えない

このアプリを使用するにはBluetooth通信を有効にしておく必要があります。バッテリーの減りが気になりますが、省エネなBluetoothLE接続で、GPSは使用していないためバッテリー消費を押さえることができます。

どうやって陽性者が分かるの?

気になるのがなぜ陽性者と分かるのかということですが、これは自己申告なのです。えっ、じゃあふざけて登録するイタズラが増えるのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。
陽性登録するのは新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)から発行される処理番号を入力する必要があります。

情報は匿名となるため、プライバシーは守られています。
陽性者と接触した可能性がある方には「誰かはわからないが14日間以内に陽性者と近接した可能性がある」という旨の通知が送られます。

アプリの使い勝手は?

ダウンロードからセットアップまで1分も掛かりません。アプリ内のイラスト付きの説明だけで理解できると思います。お年寄りやスマホ操作が苦手な方でも簡単に設定できるように作られています。

ただ、問題は検査陽性が出た際に自主的にアプリで登録してもらう必要があるため、ユーザー側の協力が必須ということ。

また、国民の6割以上に普及しないと意味がないと言われていますので、ダウンロードした人が積極的に回りに広めていく必要があります。
スマホを所持していない高齢者も多いことからアプリ普及の部分が今後の大きな課題となっていくことでしょう。

開発者の方も話していましたが、自分が感染しないためのアプリではなく、自分が誰かに感染させないためのアプリです。1人でも多くの方がそんな想いでインストールしていただけると幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク