【正しい青汁砲の受け方】Amazon ほしい物リストを匿名で送ってもらう方法

Amazonのアカウントを持っている方は、サイト右上にある「アカウント&リスト」のメニューから、「ほしい物リスト」を選択すると作成画面に進むことができます。リストの名前を入力し、公開・非公開を選択すると「ほしい物リスト」の作成完了です。

恐らくここまでは問題なくできる方が多いかと思いますが、それをSNS上で公開した際に個人情報が漏れることや人気ブロガーなどのプレゼント企画に応募したものの上手くリンクが貼れていなかったり、設定できていなかったりする場合があります。
せっかく当選したのに正しい設定が出来ていなかったら残念ですよね…。

設定方法について

より詳細な設定をするには「ほしい物リスト」のページにある設定ボタンを押します。
「公開」に設定するとAmazon上でリストを検索できる状態になります。
「非公開」は自分以外は閲覧できません。
「リンクをシェアする」にしておくと、URLを知っている人だけに公開することができます。

リストを公開してSNSなどでプレゼントを募集する場合に注意点があります。
自分の名前や住所などの個人情報を相手に知られないようにすることです。これは正しく設定することで安全にできます。まず自分の名前を相手に知られないよう、リストの設定で受取人をニックネームにします。本名はお届け先住所の最後に「○○様方のように記入しておけば届きます。住所は最初から誰にも知らされないようになっています。またマーケットプレイスを利用すると住所が知られる可能性があるため、「第三者の出品商品の発送同意書」のチェックは外しておきましょう。
設定の細かい注意点は下記をご覧ください。

ほしい物リスト設定の注意点

リスト名:何でもOK
公開/非公開の設定:「公開」
リストの用途:「自分」
受取人:ニックネーム(SNSのアカウント名など、送る側が分かればOK)
Eメールアドレス:自分のメールアドレス(空欄でもOK)
誕生日:自分の生年月日(空欄でもOK)
内容:リストを見た人にメッセージ
お届け先住所:(下記にて詳細明記)
第三者の出品の商品の発送同意書:チェックを外す
購入済みの商品をリストに保持します:チェックを外す
サプライズにする:チェックを外す
デフォルトのリスト:チェックする

ただし、赤字で書いてあります「第三者の出品の商品の発送同意書」のチェックを入れておかないとAmazon公式からの発送以外は送れなくなります。
ほしい物リストの商品の発送元がAmazon以外(マーケットプライスなど)の場合は注意してください。

次に住所の設定をする際に送り主に本名を知られたくないときなどは、以下のように設定する必要があります。

住所設定の注意点

氏名:受取人と同じニックネーム
郵便番号:届け先の郵便番号
都道府県:届け先の都道府県
住所自宅の住所:届け先の住所+○○様方
電話番号:電話番号

以上を設定完了しましたら、あとはリストに招待を選択してリンクをコピーしてSNSなどに貼り付ければOKです!

現在、元青汁王子こと三崎優太さんがプレゼント企画を行なっていますが、設定方法が分からずスクショをただ貼り付けている人がいますが、それだと相手側が住所をいちいち聞き出したり、入力する手間があるため、その時点で抽選から外れてしまうことでしょう。
正しい設定をして青汁砲を受けてください笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク